合宿免許であると便利な持ち物

###Site Name###

仮免許の合宿プランは思っている以上に空き時間があります。

最低でも2週間は滞在するわけですから、娯楽がないとストレスが溜まります。



そこで合宿免許であると便利な持ち物を紹介したいと思います。
必須な持ち物としては、各種書類、印鑑、スニーカーなどの靴、コンタクトや眼鏡、洗面道具、入浴道具、季節に合った服装が挙げられます。これ以外にあると便利な持ち物を挙げてみます。

耳かき、綿棒。普段耳のお手入れをしなくても環境が変わるとストレスがかかります。
わざわざコンビニで綿棒を買うのも、使い切れず勿体ないので数本持っていくとよいです。

怪我や靴擦れはいつ起こるかわからないので絆創膏も持っていきましょう。

バイクの教習は擦り傷ができやすいですが、絆創膏があればサッと対応できますね。

部屋着やパジャマ。


部屋に居る時間は長いのでリラックスできる恰好がよいですね。

コンセント。部屋にはいくつのコンセントがあるかわかりません。

相部屋ということも考慮して3つは口があるとよいでしょう。
洗濯セット。洗濯機は設置されている滞在先がほとんどですが、ネットやハンガーがあるとよいです。カイロや虫除けも忘れがちです。

環境や季節によっては寒かったり虫が多かったり様々です。小さいタイプの虫除けやカイロが販売されているので1セット用意しておくとよいでしょう。



音楽プレイヤーやゲーム類、ノートパソコンなども暇つぶしや気分転換には必要でしょう。



ほかにも鎮痛剤や胃薬などの常備薬や爪切りがあるとストレスが軽減できます。

合宿免許は最低でも2週間は滞在します。
ちょっとした旅行気分で楽しく免許がとれるといいですね。